連載
「まぼろしの維新」
第九章 出陣 津本 陽 Yo Tsumoto

 そこへ小銃を携えた壮士十数人が走ってきて叫ぶ。
「俺どもも連れていってくいやんせ」
 桐原らは叱りつける。
「大人数でなにをすっか。高雄の連中が見ちょる。騒動をおこすな」
 川村中将は望遠鏡でその様子を観望していった。
「あやつらは本艦を乗っ取るつもいじゃ。いま砲撃してあん奴らあを打ち砕くはたやすか。じゃっどんこっちから仕懸けて戦端をひらくわけにゃいかん」
 川村は錨(いかり)を引きあげる間を惜しみ、艦長に命じた。
「錨鎖を切断し、十町ほど沖へ出よ」
 桐野たちは高雄丸が沖合に移動するのを見て、川村との面会をあきらめた。
「仕様んなか。あとを追いかけりゃ撃沈されかねん」
 双方がたがいの行動を警戒しすぎて、談合が成立しない結果となった。大山綱良は、私学校党が東上を開始すれば政府との全面衝突となり、全滅の悲運に直面しかねないと思っていたので、川村中将をなんとしても隆盛に会わせ、切迫した状況を鎮めたかった。彼は私学校本校にいる隆盛に進言した。
「しばらくは川村、林らあの願いを聞いて、東上を見あわせたもんせ」
 隆盛は私学校党が東上しないときは、火薬庫襲撃を決行した生徒らが、謀叛人として処刑されるのを見過ごせなかった。隆盛は本意をいう。
「川村らあはこちらの本意を聞いちょるので、それを了解すりゃ、こんうえ騒動をおこすことはなかごわす。しかしそうなるか否かはすこぶる疑わしか」
 大山は政府と和談を成立させる機会が遠ざかってゆくのを、どうすることもできず、煩悶しつつ県庁へ戻る。
 野村忍介が前之浜埠頭から帰ってくる途中、県庁へむかう大山県令を見て駆け寄り、告げた。
「桐野どん、篠原どんは川村に怪しまれ、高雄丸は沖に出てごわす。お前んが川村を海岸の県庁出張所に呼び、二人で相談すりゃよかごわんそ」
「うむ、そいがよか」
 大山は野村とともに本校へ戻って隆盛と幹部たちに相談した。皆が大山の案をうけいれた。桐野が大山が高雄丸に出向くときは、野村を同行させよと求めた。
 それを聞いた辺見十郎太が喚いた。
「俺を連れていったもんせ。俺は生きちゃ帰らん」
 辺見は彼の言葉をさえぎろうとする者にむかい、刀を抜こうとした。
 自顕流(じげんりゅう)の達人として知られる大山が怒った。
「ぎゃあぎゃあぬかしおって、うるさか。邪魔するなら斬い棄つっ」
 辺見を威嚇した大山は、野村を連れ小舟で高雄丸におもむき、川村中将に告げた。
「お前んさあ、海岸の県庁出張所まできてくいやい。桐野、篠原とそこで相談のうえ、うどさあと話しあいをしてくれりゃ、たがいの疑いも晴れもんそ」
 川村は隆盛を取り巻く幹部らが、事を穏やかにまとめるつもりがなく、大兵を動かし東京に出向き、はらわたの腐った政府重臣を一掃し、政権を改革する方針を定めたと判断したので、桐野らと会うために上陸するのは危険きわまりないと判断していた。
 彼はいう。
「西郷どんとの対面の機はもはや過ぎちょるではなかか。俺が上陸すりゃ、艦の乗組員が同行する。西郷どんにせよ、桐野、篠原ご両人にせよ、俺に面談すっ時には、私学校生徒らがついてくる。いずれにしてももはや何事もおこらず、話しあいのでくっ情勢ではなか。もう遅きに失したとじゃ」
 大山はやむなく高雄丸を離れた。



    5     10 次へ
 
〈プロフィール〉
津本 陽(つもと・よう)
1929年3月23日和歌山市生まれ。東北大学法学部卒業。78年『深重の海』で第79回直木賞を受賞。95年『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。97年紫綬褒章、2003年旭日小綬章を受章。05年菊池寛賞を受賞。主な著書に『明治撃剣会』『薩南示現流』『黄金の天馬』『宮本武蔵』『下天は夢か』など多数。
Back number
第十七章 城山へ
第十六章 沈む陽(ひ)
第十五章 日向路の雨
第十四章 敗走
第十三章 手負い獅子
第十二章 田原坂
第十一章 露の命
第十章 血戦
第九章 出陣
第八章 雷雲迫る
第七章 炎の気配
第六章 士魂とは
第五章 隆盛辞職
第四章 風浪のとき
第三章 怨恨の道程
第二章 恩讐の道程
第一章 新政府