連載
「まぼろしの維新」
第十一章 露の命 津本 陽 Yo Tsumoto

 佐々は磯野らに命じた。
「深野は大窪を退却したらしか。朋友の俺との約束を守らず敵地に置き去りにして、おのれが生きのびる道を探るとは、友誼(ゆうぎ)あるふるまいといえるのか、たしかめてきてくれ」
 斥候たちは大窪へ駆け去った。
 彼らは戻ってきて佐々たちに事情を知らせた。
「深野隊に貴命を伝えましたが、吉次峠へむかう途中、熊本大隊の伝令より木留本営に集合せよとの命令をうけたので、いま木留に着陣しとるたい。大窪村へ退却したのは他隊ですばい」
 佐々は納得した。
 辺りが暗くなってきたので、佐々隊は陣地の周辺に数十の篝火を焚(た)かせ、斥候二名を熊本隊の本営に派遣し、吉次峠死守を告げた。
 まもなく池辺大隊長が数人の部下とともによろめきつつ峠の堡塁に到着した。
 佐々はおどろいて迎えた。
「先生、お元気でしたか。お怪我のご様子はいかがですか。無事に敵中を斬り抜けられて何よりです」
 池辺は空を仰ぎ笑声(しょうせい)を響かせていった。
「敗北せり、敗北せり」
 彼はふだんと変わらず鷹揚な態度で語った。
「われらは敵にだまされ、おびき寄せられ、いきなり四方から射撃をうけ、たちまち諸隊は散乱した。
 はじめ附近の土民がきて、熊本の別働隊が高瀬に先着していると申したので、入りこんでみれば、敵中に誘いこまれておった。
 諸隊はおどろき乱れ散って、硝煙のなかどこへ走ったかわからん。僕は部下の一手とともに血路をひらき、高瀬川堤をまわって逃れてきたたい。この戦で死傷は六、七十人は出たようじゃ。
 僕はこれより本営に戻るばい」
 佐々が池辺の血が滲む脇腹を探ろうとしたが、池辺はその手を押しのけた。
「軽い疵(きず)じゃ。気遣いはいらん」
 池辺と従兵が立ち去ったあと、熊本隊の兵四人が吉次峠の堡塁へ辿りついた。
 十番小隊八木正躬(まさみ)、十三番小隊津田盛迪(もりみち)は、官軍の包囲を斬り開いて逃げようとしたが、弾雨があまりにもはげしいので森のなかに駆けこみ隠れた。
 銃声がとぎれてきたので、樹間を伝い後退してゆくあいだ、道のうえ、畑のなかに熊本隊士の屍体が転がっているのを、幾度も見た。
 彼らは衣類を奪われた裸体で、銃剣で蜂の巣のように刺されていた。
 八木らは黙祷を捧げつつ通り過ぎる。うしろから官兵数十人が叫びたてながら迫ってきたので、二人は森のなかへ駆けいり、走るうちに古ぼけた材木小屋を見つけ、隠れた。
 敵に発見されたときはまず小銃を発射したのち、刀をふりかざし敵を一人でも斬って死のうと覚悟をきめると、気分がおちついてくる。
 敵は小屋の戸を開けたが入りこんではこないまま、附近を歩きまわっている。
 日暮れまえにラッパの号音が鳴りわたり、官兵の足音が聞えなくなった。
「奴らは高瀬へ引き揚げてゆくぞ。命拾いをしたばい」
 風音がかすかに聞えるほど静まりかえったので、二人は小屋を出て附近の民家の戸を叩いて主人を呼び、敗北した熊本隊士であると告げた。
「これから味方の陣へ帰るばってん、腹がすいていかんばい。何ぞ食うものをほしか」
 主人は二人が戦死を免れたのをよろこび、どぶろく、粟飯でもてなしてくれた。
 八木と津田はおおいによろこび、手持ちの小銭を礼として渡し、午後八時頃に吉次峠へむかおうとした。



     6    10 次へ
 
〈プロフィール〉
津本 陽(つもと・よう)
1929年3月23日和歌山市生まれ。東北大学法学部卒業。78年『深重の海』で第79回直木賞を受賞。95年『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。97年紫綬褒章、2003年旭日小綬章を受章。05年菊池寛賞を受賞。主な著書に『明治撃剣会』『薩南示現流』『黄金の天馬』『宮本武蔵』『下天は夢か』など多数。
Back number
第十七章 城山へ
第十六章 沈む陽(ひ)
第十五章 日向路の雨
第十四章 敗走
第十三章 手負い獅子
第十二章 田原坂
第十一章 露の命
第十章 血戦
第九章 出陣
第八章 雷雲迫る
第七章 炎の気配
第六章 士魂とは
第五章 隆盛辞職
第四章 風浪のとき
第三章 怨恨の道程
第二章 恩讐の道程
第一章 新政府