連載
「まぼろしの維新」
第十二章 田原坂 津本 陽 Yo Tsumoto

 明治十年(一八七七)三月三日、官軍第二旅団参謀長野津道貫(みちつら)大佐の率いる歩兵五個中隊で編成した支隊は、午前五時に高瀬を出発し南下して伊倉へむかう。
 伊倉の南八キロのところに原倉村があり、その東方二キロに吉次越(きちじごえ)、その左手三キロの地点に耳取(みみとり)山があった。
 附近は大小の山嶺がつらなり、熊本に兵団が入るには、吉次越、耳取山のいずれかを攻めねばならなかった。
 薩軍浅江直之進の一個小隊は原倉にあり、薩軍相良(さがら)直良の一個小隊と熊本隊佐々友房(さっさともふさ)の率いる一個小隊は吉次越を固めている。熊本隊三宅新十郎の一個小隊は耳取山に布陣している。三ノ岳には熊本隊岩間小十郎が埋伏し、さらに熊本隊林七郎次らの四小隊は野出(のいで)に着陣し、たがいに連絡をとりあい、吉次越、耳取山の争奪がはじまれば戦闘に参加する用意をととのえていた。
 午前七時頃から木葉(このは)方面で銃砲声が高まり喊声(かんせい)が空にひびく。官軍支隊はたがいにはげましあって前進し、吉次峠の登り口の立岩(たていわ)に着くと、薩軍浅江隊の反撃をうけた。
 官軍は山砲、臼砲(きゅうほう)の射撃をさかんにおこない、薩軍の左方から猛攻を加えた。浅江隊は乏しい火力に頼れず、白刃をふるい斬って出る。白兵戦を数十回かさねると浅江隊の損害はふえるばかりとなり、苦戦に陥った。
 木留(きとめ)本営に出張していた篠原国幹、村田新八は原倉附近で官軍が猛攻を加えていると知ると、ただちに一個小隊を戦場へ急行させ、さらに一個小隊を応援にむかわせた。
 篠原、村田は戦いの指揮をとるために現地へ急行した。
 薩軍小隊長土橋七之丞は兵数を二つに分かち、左右の山肌をつたい官軍の背後へ斬りこませた。官軍は驚愕して高所から逃走し、数百人が低地に至った。
 だが官軍は大兵力によって薩軍の圧迫をしだいにはねのける。怒涛のような攻撃を加えられた寡勢(かぜい)の薩軍は退却して原倉の陣地にたてこもった。
 官軍の兵力は五個中隊であった。野津大佐は一個中隊を正面からあたらせ、二個中隊を右方、二個中隊を左方から攻撃させる。さらに別の一個中隊を後方に出現させ、退路を断とうとした。
 勇猛な薩軍もやむなく、白刃をふるい斬りまくって一筋の血路をひらき、吉次越、耳取山の味方のもとへ退却した。佐々隊は吉次越の台場から戦闘の情況を注視していた。眼前にあらわれた官軍は、桐野、篠原が訓練した頃の、鈍重な進退が影をひそめ、山腹の凸凹、樹木の疎密を利用し命令に応じ迅速に行動し、射撃も巧みである。
 弾薬に乏しい薩軍は立石小屋附近の山腹で、白兵突撃に持ちこみ、白刃をふるい死を怖れず戦った。
 彼らの先祖である薩摩隼人(はやと)は、戦場に立つとき、十数倍の敵中へ斬りこみ平然と死をえらんだ。足軽の身分である陸小姓(くがこしょう)のなかには、敵を三百人、四百人斬ったという戦歴を持つ老人がいたが、彼らは年老いても手厚い待遇をうけなかった。



1         10 11 12 次へ
 
〈プロフィール〉
津本 陽(つもと・よう)
1929年3月23日和歌山市生まれ。東北大学法学部卒業。78年『深重の海』で第79回直木賞を受賞。95年『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。97年紫綬褒章、2003年旭日小綬章を受章。05年菊池寛賞を受賞。主な著書に『明治撃剣会』『薩南示現流』『黄金の天馬』『宮本武蔵』『下天は夢か』など多数。
Back number
第十七章 城山へ
第十六章 沈む陽(ひ)
第十五章 日向路の雨
第十四章 敗走
第十三章 手負い獅子
第十二章 田原坂
第十一章 露の命
第十章 血戦
第九章 出陣
第八章 雷雲迫る
第七章 炎の気配
第六章 士魂とは
第五章 隆盛辞職
第四章 風浪のとき
第三章 怨恨の道程
第二章 恩讐の道程
第一章 新政府