web 集英社文庫 トップページへ戻る
新刊情報 連載 図書室 担当者からのオススメ! 今月の特集 今月のPOP アンケート
今月の特集
 
文学賞受賞作を楽しむ(1)
 
詳しくはBOOK NAVIへ
ゲーテさん こんばんは
池内 紀
定価:本体550円+税  ISBN:4-08-747885-8

あの大文豪はこんなにも面白い人だった! 十代から恋愛遍歴を重ね、齡70を過ぎて17歳の少女にプロポーズした。二十代でベストセラー恋愛小説を書き、ワイマールの顧問官として職務に取り組んだ後、突然偽名を使ってイタリアへ逃亡した。詩をつくり、石を集め、山を登り、82歳で大作『ファウスト』を完成した。数多くのエピソードとともに、天才ゲーテの魅惑の世界を散策する画期的評伝。

 
詳しくはBOOK NAVIへ
蛇にピアス
金原ひとみ
定価:本体400円+税  ISBN:4-08-746048-7 解説:村上 龍

「スプリットタンって知ってる?」そう言って、男は蛇のように二つに割れた舌を出した──。その男アマと同棲しながらサディストの彫り師シバとも関係をもつルイ。彼女は自らも舌にピアスを入れ、刺青を彫り、「身体改造」にはまっていく。痛みと快楽、暴力と死、激しい愛と絶望。今を生きる者たちの生の本質を鮮烈に描き、すばる文学賞と芥川賞を受賞した、金原ひとみの衝撃のデビュー作。

 
詳しくはBOOK NAVIへ
漂泊の牙
熊谷達也
定価:本体724円+税  ISBN:4-08-747513-1 解説:吉野 仁

雪深い東北の山奥で、主婦が野犬とおぼしき野獣に喰い殺されるという凄惨な事件が起きた。現場付近では、絶滅したはずのオオカミを目撃したという噂が流れる。果たして「犯人」は生きのびたニホンオオカミなのか? やがて、次々と血に飢えた謎の獣による犠牲者が……。愛妻を殺された動物学者・城島の必死の追跡が始まる。獣と人間の壮絶な闘いを描き、第19回新田次郎文学賞を受賞した傑作冒険小説。

 
詳しくはBOOK NAVIへ
夢顔さんによろしく 上・下
最後の貴公子・近衛文隆の生涯

西木正明
定価:各本体819円+税
ISBN:(上)978-4-08-746521-1/(下)978-4-08-746522-8 解説:縄田一男

「夢顔さんによろしく」──遠くシベリアの収容所から届く謎に満ちた手紙。送り主は名門近衛家の嫡男、文隆。アメリカ留学で華やかな青春を過ごし、上海で美しき中国人女性との恋に燃えた青年貴族。彼は日中戦争を終結させるべく必死の和平工作に臨むのだが、やがて過酷な運命に巻き込まれ……。知られざる貴公子の生涯を描くノンフィクション・ノベルの最高傑作。第13回柴田錬三郎賞受賞作品。

 
詳しくはBOOK NAVIへ
白蓮れんれん
林 真理子
定価:本体667円+税  ISBN:4-08-747860-2 解説:菅 聡子

「筑紫の女王」と呼ばれた美しき歌人・柳原白蓮が、年下の恋人、宮崎龍介と駆け落ちした、世に名高い「白蓮事件」。華族と平民という階級を超え、愛を貫いたふたりの、いのちを懸けた恋──。門外不出とされてきた七百余通の恋文を史料に得て、愛に翻弄され、時代に抗いながら、真実に生きようとする、大正の女たちを描き出す伝記小説の傑作。第八回柴田錬三郎賞受賞作。

 
詳しくはBOOK NAVIへ
雨やどり
半村 良
定価:本体571円+税  ISBN:4-08-749566-3 解説:清水義範

舞台は新宿裏通りのバー街。「ルヰ」のバーテンダー仙田を主人公に、彼の前を通り過ぎて行く、いろいろな男と女の哀歓漂う人間模様を描き出す連作。直木賞受賞の表題作をはじめ、「おさせ伝説」「ふたり」「新宿の名人」など八篇を収録。

 
詳しくはBOOK NAVIへ
虹の谷の五月 上・下
船戸与一
定価:本体743円+税/(下)本体762円+税
ISBN:(上)4-08-747572-7/(下)4-08-747573-5 解説:小田光雄

トシオ・マナハン、13歳。フィリピン、セブ島のガルソボンガ地区に祖父と住み、闘鶏用の軍鶏を育てる日々だった。奥地の「虹の谷」には元新人民軍のゲリラ、ホセ・マンガハスがひとり住みついて闘い続けている。そこへ行く道はトシオしか知らない。日本から戻ってきたクイーンを谷に案内したことから、トシオはゲリラたちの内紛に巻きこまれていく。直木賞受賞の壮大な少年の成長物語。

 
詳しくはBOOK NAVIへ
肩ごしの恋人
唯川 恵
定価:本体600円+税  ISBN:4-08-747744-4 解説:江國香織

欲しいものは欲しい、結婚3回目、自称鮫科の女「るり子」。仕事も恋にものめりこめないクールな理屈や「萌」。性格も考え方も正反対だけど二人は親友同士、幼なじみの27歳。この対照的な二人が恋と友情を通してそれぞれに模索する“幸せ”のかたちとは——。女の本音と日常をリアルに写して痛快、貪欲にひたむきに生きる姿が爽快。圧倒的な共感を集めた直木賞受賞作。

 
このページのトップページへ