担当者からのオススメ!
販売担当 ミカちゃんからのオススメ本
ミカちゃんオススメの本
『クリスマス・キャロル』 ディケンズ 著/中川 敏 訳
みんなに 幸あれ! Merry Christmas!
ミカちゃんオススメの本 「クリスマス・キャロル」 ディケンズ 著/中川 敏 訳
 
 今年最後のオススメはクリスマスの定番、『クリスマス・キャロル』
 とはいっても最近はそんなに子どもたちに読み継がれてないかな……それがちょっとさびしい気がします。私が子どもだったころ、<スクルージ>といえば、<強欲ジジイ・ケチな人>の代名詞だったのに……。
 あらすじは簡単にいっちゃうと、ケチで誰からも愛されてなくて、誰も信用できないおじいさんのお話。そんな彼が共同経営者・マーレイの幽霊に招かれた三人の精霊に、自分の過去と現在と未来をダイジェストに見せられることによって、人間らしい、クリスマスらしい優しさを取り戻すっていうお話
 イギリスのお話なので、子ども向けというよりはアイロニーが効いた作品になっています。「クリスマスだ、わ〜い!」と喜べなくなってしまった大人に、ぜひ読み返して欲しいと思います。
 人には優しくしなくちゃね、最後には一人ぼっちになっちゃうよ。なんて、忙しすぎる現代人にオススメの一冊。自分だけがよければいいなんて、さびしすぎるよね。

詳しくはBOOK NAVIへ
プロフィール
ミカちゃん
笑って、歌える脱力系販売担当
社内でも有名な、愛され不思議ちゃんキャラ。 永遠の恋人はリチャード・ギア(>_<)
好きな食べ物はお寿司とステーキ。 好きなジャンルは、海外ハードボイルドミステリー。(とファッション誌大好き) 尊敬する人は夏目漱石とオードリー・ヘップバーン。 洋服を毎日変えるように読書傾向も変わるのが特徴。
Archive
2014.03.20
  凍氷
ジェイムズ・トンプソン 著 /
高里 ひろ 訳
2013.10.18
  第三の女
夏樹静子 著
2013.02.20
  鍋奉行犯科帳
田中啓文 著
2012.09.20
  第三の時効
横山秀夫 著
2012.02.20
  怪しい隣人
小池真理子 著
2011.10.20
  秋の猫
藤堂志津子 著
2011.3.18
  無芸大食大睡眠
阿佐田哲也 著
2010.11.19
  おばちゃまは飛び入りスパイ
ドロシー・ギルマン 著/柳沢 由実子 訳
2010.7.16
  生きること 学ぶこと
広中平祐 著
2009.11.20
  新選組 幕末の青嵐
木内 昇 著
2010.03.19
  死ぬほど好き
林真理子 著
2009.08.20
  弁護側の証人
小泉喜美子 著
2009.05.20
  しのびよる月
逢坂 剛 著
2009.01.20
  焚火の終わり 上・下
宮本 輝 著
2008.10.17
  カスに向かって撃て!
ジャネット・イヴァノヴィッチ 著/細美遙子 訳
2008.06.26
  レインレイン・ボウ
加納朋子 著
2008.03.19
  百舌(もず)の叫ぶ夜
逢坂 剛 著
2008.01.18
  森のなかのママ
井上荒野 著
2007.09.20
  ベター・ハーフ
唯川 恵 著
2007.06.28
  スローグッドバイ
石田衣良 著
2007.03.20
  ショートソング
枡野浩一 著
2006.12.17
  クリスマス・キャロル
ディケンズ 著/中川 敏 訳
2006.09.20
  オロロ畑でつかまえて
荻原 浩著
2006.06.15
  こころ
夏目漱石著
「担当者からのオススメ!」トップへ