担当者からのオススメ!
販売担当 大井氏からのオススメ本
大井氏オススメの本
『一夢庵風流記』隆慶一郎 著
 「読んで傾(かぶ)け! 心奮い立つ傑作時代小説」
大井氏のオススメ本『一夢庵風流記』隆慶一郎 著
 
 子供のときに初めて触れた『時代小説』は、猿飛佐助や霧隠才蔵が活躍した『真田十勇士』でした。『太閤記』なども、わくわくして読みました。司馬遼太郎先生の『燃えよ剣』も、すばらしいです。しかし、それらをひっくるめて、一番面白かった時代小説は、文句なしに『一夢庵風流記』で決まりです。

 主人公の前田慶次郎は、今でこそ漫画やドラマで取り上げられ有名ですが、歴史上ではほとんど登場しない武将。その慶次郎を一躍有名にしたのが、第2回柴田錬三郎賞受賞作でもあるこの『一夢庵風流記』です。作者の隆慶一郎先生は、『影武者 徳川家康』の著者としても有名な方です。

 少年ジャンプで連載されていた『花の慶次 -雲のかなたに-』を読んだ方も多いでしょう。でも、もしかしてコミックでしか読んでいない人も多いのでは?? 漫画だけのエピソード・キャラクターもありますが、逆に原作でしか読めない場面もたくさんあります。私のオススメは、終盤にある、慶次郎といろいろ確執があった前田利家との『別離』の場面。全く相容れなかったふたりですが、最後の最後に心情的に『和解』する場面は、小説内でも屈指の名シーンです。

 カバーは、『花の慶次』の原哲夫先生によるオリジナルのもの。花吹雪の中、颯爽と愛馬・松風にまたがる慶次郎を見るだけで、私なんかは心が躍ってきます。読み始めればいつのまにか、慶次郎と戦国時代を駆けめぐっていますよ。

詳しくはBOOK NAVIへ
プロフィール
大井氏
書籍販売一筋
知的でクールなキャラクターで通っているが、 お酒を飲むと、生まれながらの江戸っ子が出てくる。 飲まなければ素敵なのに、との噂もチラホラ。 好きなジャンルは本格ミステリ。
Archive
2009.04.17
  風が吹いたら桶屋がもうかる
井上夢人 著
2008.12.16
  湖畔のテラス
赤川次郎 著
2008.08.21
  臨3311に乗れ
城山三郎 著
2008.05.20
  星の王子さま
サンテグジュペリ 著
池澤夏樹・訳
2008.02.20
  一夢庵風流記
隆慶一郎 著
2007.11.20
  逃がれの街
北方謙三 著
2007.08.21
  神々の山嶺(いただき) 上・下
夢枕 獏 著
2007.05.18
  孔雀狂想曲
北森鴻 著
2007.02.20
  毒笑小説 怪笑小説
東野圭吾 著
2006.11.17
  もものかんづめ
さくらももこ 著
2006.08.18
  産霊山秘録
半村 良 著
2006.06.15
  博士の異常な発明
清水義範 著
「担当者からのオススメ!」トップへ