連載
城物語
第四話『憎しみの城(長谷堂城)』 矢野 隆 Takashi Yano

 直江山城守はあの猿の寵愛(ちょうあい)を受けた男である。上杉家から貰い受けようとまでしたほどに、猿は直江に目をかけていた。
 そんな男は生かしておけぬ。
「ゆけっ。一兵たりとも逃すなっ」
 義光の言葉を聞いた兵たちが、敵へと襲いかかる。
 木々に覆われた山道に、おびただしい数の銃声が轟いた。
 いきなりのことに驚いた義光の馬が、前足を高々と上げる。
「どうっ」
 馬の首を叩いて落ち着かせようとする義光であったが、銃声は止まない。間断なく放たれる銃弾が、味方を薙(な)ぎ倒してゆく。
 敵の殿はどうあってもここから先に通さないつもりだ。
 ようやく馬を落ちつけた義光は、血走った眼で敵を睨む。
 殿の最前列に、銃口が並んでいる。膝を突き、その場に留まり、こちらに向かって銃を構えていた。その背後では、義康たちが戦っている。後ろから迫ってくる者が本隊であると見越した敵は、銃を後列に揃えたようだ。腹を食い破られても構わない。とにかく後ろから追ってくる本隊だけは、どうやっても止める。そんな直江山城守の声が聞こえてくるような布陣だった。
 義光は腰の太刀を抜き、高々と突きあげ、馬腹を蹴る。
「鉄の玉などに臆するなっ。構わず押せっ」
 こういう時は、みずからが先頭に立って皆を鼓舞するのだ。
「駒……」
 誰にも聞こえぬ声で、娘の名を呼んだ。
 弾は当たらない。
 駒が守ってくれる。
 念じながら馬を駆り、銃弾の雨のなかを走り、前線に躍りでた。
 義光の果敢な姿に、味方も奮い立つ。撃たれて倒れる仲間を踏み、前に進む。
「ゆけぇっ」
「危のうござりまするっ、御館様っ」
 家臣が叫んだが、誰なのか解らない。義光の目は敵しか捉えていなかった。
 銃を構えた敵が眼下にいる。
 気合をひとつ吐き、太刀を振り下ろす。恐怖に引き攣(つ)った男が、銃を抱いたまま首を飛ばした。
 義光を先頭に一丸となった最上の兵たちが、鉄砲衆を呑みこんでゆく。乱戦になると銃は弱かった。狙いが定まらぬなかで、撃てるような代物ではないのだ。
「手柄首など捨てておけっ。将も徒士(かち)も関係ないっ。とにかく目の前の敵を斬り捨てよっ」
 悪鬼の形相で怒鳴る。
 その時、敵と味方が上げる怒号を掻きわけて一発の銃声が鳴ったのを、義光ははっきりと聞いた。



 
〈プロフィール〉
矢野 隆(やの・たかし)
1976年生まれ。福岡県久留米市出身。
2008年『蛇衆』で第21回小説すばる新人賞を受賞する。以後、時代・伝奇・歴史小説を中心に、多くの作品を刊行。小説以外にも、『鉄拳 the dark history of mishima』『NARUTO―ナルト―シカマル秘伝』など、ゲーム、マンガ作品のノベライズも手掛ける。近著に『戦始末』『鬼神』『山よ奔れ』など。
Back number
第七話『姉の背中(白石城)』
第六話『民次郎の義(弘前城)』
第五話『士道の行く末(五稜郭)』
第四話『憎しみの城(長谷堂城)』
第三話『裏切りの城(今帰仁城)』
第二話『天命を待つ(萩城)』
第一話『戦人の城(伊賀上野城)』