連載
城物語
第四話『憎しみの城(長谷堂城)』 矢野 隆 Takashi Yano

「直江山城が畑谷城に入ったようにござります」
「うむ」
 義光は太刀を鞘(さや)に収めようとした。だが、手が震えて思うように切っ先が鯉口(こいぐち)に入らない。
「父上」
 心配そうに息子が声をかける。
「大事無い」
 やっとのことで太刀を収めると、義光は息子を見た。
「畑谷城に入ったとなれば、深追いしても仕方あるまい。山形城に戻るぞ」
「しかし」
「勝ったのじゃ」
 己に言い聞かせるように義光は言った。
「三成め等が敗れたとなれば、上杉も無事では済むまい。もうよい」
 むざむざ死地に足を踏み入れることはないのだ。上杉を滅ぼすよりも、義光にはやらなければならないことがある。
 豊臣家の滅亡。
 駒の無念は必ず晴らす。
 そのためならば、どんなことにも耐えてみせる。
「儂は死なぬぞ」
 誰にともなくつぶやいた。

 この戦から十五年の後、豊臣家は最上義光の望み通り、徳川家康の手によって滅亡の日を迎える。しかしそれを義光が見ることはなかった。豊臣家が滅亡したのは、彼が駒の元へと旅立った一年後のことであった。



 
〈プロフィール〉
矢野 隆(やの・たかし)
1976年生まれ。福岡県久留米市出身。
2008年『蛇衆』で第21回小説すばる新人賞を受賞する。以後、時代・伝奇・歴史小説を中心に、多くの作品を刊行。小説以外にも、『鉄拳 the dark history of mishima』『NARUTO―ナルト―シカマル秘伝』など、ゲーム、マンガ作品のノベライズも手掛ける。近著に『戦始末』『鬼神』『山よ奔れ』など。
Back number
第七話『姉の背中(白石城)』
第六話『民次郎の義(弘前城)』
第五話『士道の行く末(五稜郭)』
第四話『憎しみの城(長谷堂城)』
第三話『裏切りの城(今帰仁城)』
第二話『天命を待つ(萩城)』
第一話『戦人の城(伊賀上野城)』