連載
城物語
第三話『裏切りの城(今帰仁城)』 矢野 隆 Takashi Yano

 用意されていた白馬にまたがり、廓と外部を繋ぐ門まで行く。平朗門のあたりの石垣の上に、平原が見送りに出ていた。
 密かに出る。兵たちに言葉はかけない。外部と繋がる門の前まで来た時、攀安知は馬上で振り返り、剣を抜いた。視線の先には平原がいる。
 頼んだぞ……。
 心に念じ、切っ先を天に向けた。
 門がゆっくりと開かれる。
 攀安知は先頭を駆けた。

        *

「出てきたぞ」
 床几に座した尚巴志が、つぶやきながら尻を上げた。真牛は床几を蹴倒し立ち上がる。
 すでに手筈は整っていた。敵が城から出て来た時が勝負の時だと、数日前から覚悟を決めている。
「かねてよりの申し合わせ通りに動いてくれれば良い」
 真牛を見上げながら、尚巴志が言った。黙ってうなずき、己の兵が集う陣まで走る。
 すでに馬が用意されていた。真牛の到着を待ち、飛び出すことになっている。兵たちは今や遅しと出陣の下知を待っていた。馬に飛び乗り、即座に剣を抜く。
「攀安知は武勇名高き王じゃ。油断はするなよっ」
 喊声が答える。
 馬腹を蹴って飛びだすと、兵たちが敵に向かって駆けだした。左右の味方も動きだしている。羽地、国頭、名護の兵だ。最前線で戦うのは、戦前に尚巴志に降った者たちである。
 最初に動きだした羽地の兵たちが、すでに敵とぶつかっていた。
「足りぬな」
 激しく上下する馬上で、真牛は一人つぶやいた。羽地の兵たちが、明らかに押されている。先頭で戦う攀安知の馬上から繰りだされる凄まじい剣が、右へ左へと兵を斬り裂いてゆくのがはっきりと見えた。首、腕、胴から上……。攀安知の周囲で、人の欠片(かけら)が宙を舞う。それを見て、羽地の兵たちが恐れおののいている。
 国頭の兵がぶつかった。策などない。三軍が入り乱れ混戦となる。そこに名護だ。もはや遠くからでは、敵と味方の見分けすらつかない。
「しっかりと敵を見極めよっ」
 馬上で叫んではみたが、皆に伝わる訳もない。
 兵のことなどどうでも良かった。
 真牛の目は、鬼神と化した攀安知一人に注がれている。
 あのような姿を目の当たりにして臆する者の気が知れなかった。武人なら、男なら、返り血で朱に染まる攀安知の姿を見たら、胸を躍らせるはずだ。少なくとも、真牛の心は跳ねに跳ねていた。今すぐに、あの男と刃を交えたくてたまらない。全力で駆ける馬すら遅いと思うほど、真牛の気は逸(はや)っていた。



         10 11 12 13 14 15 16 17 18  次へ
 
〈プロフィール〉
矢野 隆(やの・たかし)
1976年生まれ。福岡県久留米市出身。
2008年『蛇衆』で第21回小説すばる新人賞を受賞する。以後、時代・伝奇・歴史小説を中心に、多くの作品を刊行。小説以外にも、『鉄拳 the dark history of mishima』『NARUTO―ナルト―シカマル秘伝』など、ゲーム、マンガ作品のノベライズも手掛ける。近著に『戦始末』『鬼神』『山よ奔れ』など。
Back number
第七話『姉の背中(白石城)』
第六話『民次郎の義(弘前城)』
第五話『士道の行く末(五稜郭)』
第四話『憎しみの城(長谷堂城)』
第三話『裏切りの城(今帰仁城)』
第二話『天命を待つ(萩城)』
第一話『戦人の城(伊賀上野城)』