連載
「新 戦国太平記 信玄」
第二章 敢為果断(かんいかだん) 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

 義元は昨年、花倉の乱を制して家督を嗣いだばかりで、これは武田家との同盟を固める婚姻であり、発案したのは太原雪斎だった。
 両家はそれぞれが抱える事情から、新しい盟約を歓迎していた。
 しかし、この婚姻に対して異議を唱えた者がいる。
 長らく今川家と同盟の関係にあり、武田家とは敵対していた北条(ほうじょう)氏綱(うじつな)だった。
 元々、北条家は武田との盟約に異議を唱えていたが、今回の婚儀に対して氏綱が激怒し、すぐに兵を動かしてくる。二月二十六日に北条勢が駿河の河東(かとう)(富士川東岸)に侵攻し、三月四日には駿府を睨(にら)んで富士宮の吉原(よしはら)城に布陣するという事件が起きた。
 ここは今川家と北条家の双方にとって因縁のある地だった。
 北条侵攻の一報は、甲斐の新府にも届けられ、今川義元は富士裾野での挟撃を願ってくる。
 これに応じ、武田家も駿東郡の北側に兵を出すことになった。
 ただし、戦続きで家中に余力がなかったこともあり、信虎は一計を案じ、通常の出兵ではなく少し変わった形での援軍を仕立てる。
 それにより、信方の処へ珍しい人物が訪ねて来た。
「虎昌(とらまさ)!?……飯富(おぶ)虎昌ではないか。久しいの」
「駿河守殿、長きにわたる無沙汰をしておりました」
 挨拶に訪れたのは、これまで新府に入ることを禁じられていた後輩の飯富虎昌だった。
「そなた、ここへ来ても大丈夫なのか?」
 信方は驚きながら訊く。
「はい。御屋形様にお許しをいただき、出陣の前にご挨拶に参りました」
 飯富虎昌は髭面をしかめ、照れくさそうに頭を搔く。
「出陣?……ならば、富士の裾野へ出張るのは、そなたであったか」
「はい、さようにござりまする。御屋形様のお情けにより、こたびの出陣で手柄を立てることができれば、帰参を許していただけることになりました」
「それは何よりだ。そなたのような武辺者(ぶへんしゃ)が戻ってくれれば、われらも心強い。よかった、よかった」
 信方は虎昌の肩を力一杯叩き、喜びを露(あら)わにした。この漢は今年で齢三十二になり、信方の一回り以上も歳下の後輩である。
 飯富家は源義家(よしいえ)の孫にあたる源忠宗(ただむね)を始祖とし、武田家と同じく清和(せいわ)源氏の一流であり、甲斐の巨摩(こま)郡飯富郷(いいとみごう)を本貫の地としてきた。
 虎昌の父、源四郎(げんしろう)と祖父の飯富道悦(どうえつ)は信虎の重臣として仕えていたが、西郡の国人である大井信達(のぶさと)との戦いにおいて討死している。この大井信達の娘が後に信虎の正室となり、晴信を産んだ大井の方だった。
 父の源四郎が討死した永正(えいしょう)十二年(一五一五)に、虎昌は齢十二で飯富家を嗣ぎ、信虎の近習(きんじゅう)として仕えた。その時に面倒をみていた上輩が甘利(あまり)虎泰(とらやす)だった。



    5   次へ
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志