連載
新 戦国太平記 信玄
第二章 敢為果断(かんいかだん)5 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

   十   (承前)

 武門の婚儀では、婿の実家に輿(こし)が到着する時に請取(うけとり)渡しが行われ、続く輿寄(こしよせ)の儀で花嫁が出てくるのが通例だった。
 だが、門内に牛車が入ってきたことで、出迎えた武田の者たちが色めき立つ。躑躅ヶ崎(つつじがさき)館に京雅(きょうみやび)の薫風が吹き抜け、小さなどよめきが広がった。
 女人(にょにん)の乗った牛車は、別名、女車(おんなぐるま)とも呼ばれている。
 容貌(かんばせ)を隠すために正面の簾(みす)が下げられ、足許に出衣(いだしぎぬ)という色鮮やかに重ねられた裾が出されていた。都ではその襲色目(かさねいろめ)の風情や趣向を見ただけで、貴人同士ならば身分や家柄まで推し量ることができる。
 そして、転法輪三条(てんぽうりんさんじょう)慶子(けいし)の女車から出されていた裾は、蘇芳(すおう)の匂(にほひ)といわれる品の良い仕立てだった。
 出衣は五衣(いつつぎぬ)と単(ひとえ)を襲(かさ)ねた装束の裾だが、匂は六枚の裏表に鮮やかな色の階調をつけるという意味である。蘇芳の匂いは、淡色(あわいろ)の薄紅から黒味さえ帯びるように見える濃い赤まで五種類の階調を重ねた上に、緑がかった青色の単衣を加えるという趣向だった。
 その艶(あで)やかさに衆目が集まる中、まずは二人の侍女(まかたち)が外へ降り立ち、介添えのために手を差し出す。薄い絹を被(かづ)いでふんわりと面(おもて)を覆った花嫁御寮が支えの手を握り、踏台を使って車から降りた。
 まだ、半透明の綾絹(あやぎぬ)を通しているため、はっきりと容貌を見ることはできない。だが、真桑瓜(まくわうり)の種のような細面に臙脂(べに)をさした口唇が絹越しに透けて見え、そこはかとない艶美をたたえていることがわかる。
 侍女頭の常磐(ときわ)が先頭に立ち、転法輪三条慶子を囲む女人の一団が祝言の間に進む。
 しかし、晴信(はるのぶ)はそれを見ることができない。
 婿は花嫁御寮が祝言の間に進み、床の上座につくまで別の室で待たなければならないからである。
 薄絹の被ぎを外してから、花嫁は床の上座につき、婿が来るのを待った。
 少し間をおいて、武田菱の紋を染め抜いた大紋直垂(だいもんひたたれ)を纏(まと)った晴信が現れる。緊張した面持ちの婿が小さく会釈してから床の上座につく。
 その時、初めて花嫁の顔を見ることができた。
 ――美しい人だ……。
 それが最初の印象だった。



1     次へ
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)5
第二章 敢為果断(かんいかだん)4
第二章 敢為果断(かんいかだん)3
第二章 敢為果断(かんいかだん)2
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志