連載
新 戦国太平記 信玄
第一章 初陣立志5 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

   四

 それは駿河に降って湧いたような内訌(ないこう)だった。
 発端は天文五年(一五三六)三月十七日、今川氏輝(うじてる)がわずか齢(よわい)二十四にして急逝したことにあった。隣国の甲斐で、武田太郎の元服が決まった直後の出来事である。
 今川家の若き惣領(そうりょう)はまだ正室を娶(めと)っておらず、嫡男となる子もいなかったため、それが相続争いの火種となってしまった。
 氏輝の急死により、継承順で考えれば、次の惣領は弟の彦五郎(ひこごろう)になるはずであった。
 しかし、驚くべきことに、兄と同じ日、この彦五郎も亡くなっている。なにやら、そこには今川家の相続を巡る仄暗(ほのぐら)い凶事が見え隠れしていた。
 先々代の今川氏親(うじちか)には六人の男子がおり、死後の内訌を防止するため、生前から嫡子の龍王丸(たつおうまる)(氏輝)への家督相続が決められ、他の者たちは僧門へ入ることになった。
 だが、幼少の頃、龍王丸が病気がちであったため、大事をとって次男の彦五郎だけは駿府に残された。三男は曹洞宗(そうとうしゅう)、四男は律宗(りっしゅう)、五男の芳菊丸(ほうぎくまる)が臨済宗(りんざいしゅう)の寺へ入れられ、六番目の男子が側室との間に誕生したが、早々に那古野(なごの)の分家へ養子に出されている。
 今川氏親が十年前に逝去した時、龍王丸が齢十四であったため、しばらくは母の寿桂尼(じゅけいに)が今川家の諸事を取り仕切った。その二年後に元服し、氏輝として家督を嗣(つ)いだのだが、次男の彦五郎はこれまで元服の儀も行われないまま、駿府の今川館でひっそりと暮らしてきた。
 その次男と惣領の兄が時を同じくして死ぬというのは、到底、偶然とは思えない。仕物(しもの)、つまり、暗殺の匂いまでが漂っていた。
 二人が同時にいなくなれば、次に相続の順番が廻ってくるのは、曹洞宗の僧侶となった三男の玄広(げんこう)恵探(えたん)である。しかし、この三男は氏輝や彦五郎とは、少し境遇が違っていた。正室の寿桂尼から生まれた子ではなく、重臣である福島(くしま)家の娘から生まれた腹違いの兄弟である。
 律宗の僧侶となった四男の象耳(しょうじ)泉奘(せんじょう)も正室の子ではなく、今回の一件からは遥か遠く離れた処(ところ)にいた。臨済宗へ入るために京へ上った五男の栴岳(せんがく)承芳(しょうほう)が寿桂尼から生まれており、やはり、母親の違いが今川宗家との遠近(おちこち)を分けているようだった。
 生前の今川氏輝は母からの訓戒もあり、己の未熟さを自覚し、一門衆や重臣の合議制によって領内を固めようとした。
 しかし、三河で松平家の勢いが強まり、領地争いから後退を余儀なくされると、京の五山で修行していた弟の栴岳承芳と傅役(もりやく)の太原(たいげん)雪斎(せっさい)(崇孚〈そうふ〉)を駿府へ呼び戻した。
 おそらく、下の弟を還俗させ、身内の将を増やそうという考えだったのだろうが、その前に氏輝が力尽きてしまったのである。



1         10 11 12 次へ
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志