連載
新 戦国太平記 信玄
第二章 敢為果断(かんいかだん)9 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

   十一

 天文(てんぶん)七年(一五三八)が清明の候を迎え、新緑が峰走る金毘羅山(こんぴらさん)からは、陽光を照り返す諏訪湖(すわこ)の鏡面が見える。
 金毘羅山の頂きにある詰城(つめのしろ)と中腹の居館が諏訪家の本拠であり、その上原(うえはら)城の一室に諏訪頼満(よりみつ)が床に横たわっていた。持病である背中の癰(はれもの)が悪化してしまったのである。
 そこに若々しい声が響いてくる。
「お爺様、頼重(よりしげ)にござりまする」
「おお、入ってくれ」
「失礼いたしまする」
 音も立てずに襖(ふすま)を引き、諏訪頼重が中へ入り、音もなく戸を閉める。
「お加減はいかがにござりまするか?」
「気分は悪くない。背中をついて寝られぬゆえ、かえって疲れているだけだ。軆(からだ)を起こしてくれぬか、頼重」
「大丈夫にござりまするか」
「構わぬ」
「では、失礼いたしまする」
 頼重は背中に触れないよう、慎重に祖父の上半身を起こした。
「この方が楽だ」
 諏訪頼満は力なく笑う。 
 それを見た頼重が無理をさせないために、素早く本題に入ろうとする。
「お爺様、お話とは?」
「武田家から、そなたの婚姻についての申し入れがあった。信虎(のぶとら)殿の三女である禰々(ねね)という娘を諏訪に輿入(こしい)れさせたいそうだ」
「さようにござりまするか」
 頼重は感情を押し殺した声で答える。
「ただし、先方の娘はまだ齢(よわい)十一かそこらで、婚儀は今すぐにというわけではない。御裳着(おもぎ)の儀が終わる三、四年後になるであろう。さりとて、こちらから断ることはできぬ」
「異存はござりませぬ」
「それならばよい。……されど、そなたが子を産ませた侍女(まかたち)には暇を取らせなければならぬ。実家の麻績(おみ)に帰らせるのがよいかもしれぬな。ただし、娘は諏訪に残せ。桑原(くわばら)か、高島(たかしま)の城に住まわせておけば、そなたも時々会いに行くことができよう。ところで、あの子は、いくつになった?」
「……於麻亜(おまあ)は今年で七つになりまする」
 頼重が言った麻亜とは、侍女であった於太(おだい)の方との間に生まれた一人娘である。



 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)12
第二章 敢為果断(かんいかだん)11
第二章 敢為果断(かんいかだん)10
第二章 敢為果断(かんいかだん)9
第二章 敢為果断(かんいかだん)8
第二章 敢為果断(かんいかだん)7
第二章 敢為果断(かんいかだん)6
第二章 敢為果断(かんいかだん)5
第二章 敢為果断(かんいかだん)4
第二章 敢為果断(かんいかだん)3
第二章 敢為果断(かんいかだん)2
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志