連載
新 戦国太平記 信玄
第二章 敢為果断(かんいかだん) 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

   八   

 晴信(はるのぶ)の初陣が終わった翌年の二月、甲斐の新府は新たな慶事に沸いていた。
 武田信虎(のぶとら)の長女、恵姫が駿河(するが)の今川(いまがわ)義元(よしもと)に輿入(こしい)れする日取りが決まったのである。
 武門の婚儀は、嫁が輿や荷車などを連ねて婿の下へ向かうため、文字通り「輿入れする」と言われた。
 嫁を送り出す家は神聖な松の木を焚(た)いて門火(かどび)を行い、花嫁となる娘は輿の中に安産の守神、犬張子の入った箱を二つ置いて門を出る。婿の方でも花嫁御寮を歓迎するため辻々に門火を焚き、花嫁の輿が門に入る時に請取渡(うけとりわた)しの儀が行われる習わしとなっていた。
 だが、国主の娘が国境(くにざかい)を跨(また)いで他国主に嫁ぐとなれば、家中での婚儀とは違い、警固も含めて両国の大掛かりな調整が必要となる。輿の請取渡しの儀も花婿の門前ではなく、国境で行われることに決まった。
 晴信も傅役(もりやく)の板垣(いたがき)信方(のぶかた)と一緒に、甲斐と駿河の境となっている万沢(まんざわ)まで恵姫の一行を嚮導(きょうどう)することになった。
 躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)をはじめとして新府の門という門で松篝(まつかがり)が焚かれ、恵姫が乗った輿の行列が駿府へと出立する。万沢までは身延(みのぶ)道(駿州往還)で十九里(七十六キロ)の行程であり、休みを取らずに歩いても十刻(二十時間)ほどはかかるため、一行は途上の身延宿で一泊した。
 宿所となった身延山久遠寺(くおんじ)に入り、晴信が駿河との国境までの距離を訊ねる。
「板垣、ここから万沢宿までは、どのくらいであろうか?」
「六里(二十四キロ)ほどにござりまする。ゆっくりと進んでも、半日はかかりませぬ。今川家と和睦する前は、用心の上にも用心が必要でありましたが、今は安心して進めまする」
 信方がこの辺りの地勢に詳しいのは、今川家で起こった内訌(ないこう)、「花倉(はなくら)の乱」に出張った経験があるからだった。
「ところで、今川家から請取渡しに出てくるのは誰であろうか。まさか、婿の義元殿が迎えに来るということもあるまい」
「おそらく、義元殿の傅役ではありますまいか。そうであれば、存外、知らぬ相手でもありませぬ」
 信方は以前に万沢で逢った太原(たいげん)雪斎(せっさい)の不敵な面構えを思い浮かべていた。



1       次へ
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志