連載
「新 戦国太平記 信玄」
第一章 初陣立志16 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

 ――今、やっとわかった。要害山城へ上ると、喉が締めつけられるように息苦しいのは、ずっと密命に悩み続けた己を封じたままだったからだ……。されど、己の掌に生まれたばかりの若の命の重みを感じた時、確かにこの身は恐れを感じ、それを守り続けねばならぬと決めた。そういうことか。
 信方は生まれたばかりの晴信が己の掌の中で寝息を立てている姿を見て、雷に打たれたが如く父性に目覚めた。
 その時の、言葉にはできない感情が丹田(たんでん)から胸の裡(うち)へとせり上がり、思わずあられもなく哭き出したくなる。すんでのところで嗚咽(おえつ)を堪え、何度も顔に湯をかけ、両手で頬を叩く。
 ――今、はっきりとわかった。あれは宿命の時だったのだ。やはり、この身は死ぬまで若を守らねばならぬ。
「い、板垣。大丈夫か、眼が真っ赤だ」
「ああ、顔を洗おうとして湯が眼に入ってしまいました。大丈夫にござりまする」
「さようか」
 笑った晴信の目尻も赤らんでいた。
「そろそろ上がりませぬか。のぼせて鼻血が出そうにござりまする」
 信方は頭に乗せていた白布で顔を覆い、目頭を押さえた。
「そうしよう。積翠寺で冷たい井戸水をいただきたい」
 晴信は湯から上がった。
 二人は相手に顔を見られまいと背を向けながら軆を拭く。冷たく透き通った大気の中に、微かな湯気が立ち上っていた。
 晴信の初陣を終え、二人は志(こころざし)を新たにする。しかし、その前途はまだまだ多難だった。
 そして、隣国ではすでに、新たな戦の気配が胎動していた。

第一章 〈完〉



        9
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志