連載
「新 戦国太平記 信玄」
第二章 敢為果断(かんいかだん)12 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

 諏訪頼重は保身のために武田信虎と村上義清に二股をかけていたが、どちらかといえば近隣で利得の重なる武田家を警戒していた。
 そうした状況を利用し、村上義清は盟を結んだ振りをしながら武田と小笠原をぶつけようと画策していた。
 すべては小県の所領を独り占めするためである。
 村上義清、この漢はなかなかの策士であり、簡単には喰えない曲者だった。
「……なるほど、そこまでの絵図でありましたか」
 屋代政重は感心したように頷く。
「されど、武田に勢子の役目をさせるとはいえ、われらには目の上のたんこぶがあるのでは?」
 勢子とは鹿狩りなどで鳴り物を使って獲物を追い立てる役目の者たちのことだった。
 つまり、武田勢は海野平から滋野一統を追い立てる勢子にすぎないということである。
「砥石(といし)城のことか」
 村上義清は口唇の端を歪めて笑う。
 砥石城とは、この葛尾城と指呼の間にある敵城であり、小県屈指の堅城だった。
 葛尾城の南東に位置する東太郎山(ひがしたろうやま)の尾根上に築かれ、南の上田平(うえだだいら)や北東の真田郷(さなだごう)を一望できる位置にある。城に至る追手道は急坂になっており、しかも砥石の如(ごと)く滑るところから名付けられていた。
 敵方の寄手にとっては難攻不落であり、守るに容易(たやす)い砥石城が村上勢の行手を阻む滋野一統の防御の最前線だった。
「なんのことはない。それもすでに落としてある」
 村上義清は再び出浦国則と顔を見合わせ、意味ありげに笑う。
「あの砥石城を!?」
 屋代政重が驚く。



 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第三章 出師挫折(すいしざせつ)12
第三章 出師挫折(すいしざせつ)11
第三章 出師挫折(すいしざせつ)10
第三章 出師挫折(すいしざせつ)9
第三章 出師挫折(すいしざせつ)8
第三章 出師挫折(すいしざせつ)7
第三章 出師挫折(すいしざせつ)6
第三章 出師挫折(すいしざせつ)5
第三章 出師挫折(すいしざせつ)4
第三章 出師挫折(すいしざせつ)3
第三章 出師挫折(すいしざせつ)2
第三章 出師挫折(すいしざせつ)
第二章 敢為果断(かんいかだん)22
第二章 敢為果断(かんいかだん)21
第二章 敢為果断(かんいかだん)20
第二章 敢為果断(かんいかだん)19
第二章 敢為果断(かんいかだん)18
第二章 敢為果断(かんいかだん)17
第二章 敢為果断(かんいかだん)16
第二章 敢為果断(かんいかだん)15
第二章 敢為果断(かんいかだん)14
第二章 敢為果断(かんいかだん)13
第二章 敢為果断(かんいかだん)12
第二章 敢為果断(かんいかだん)11
第二章 敢為果断(かんいかだん)10
第二章 敢為果断(かんいかだん)9
第二章 敢為果断(かんいかだん)8
第二章 敢為果断(かんいかだん)7
第二章 敢為果断(かんいかだん)6
第二章 敢為果断(かんいかだん)5
第二章 敢為果断(かんいかだん)4
第二章 敢為果断(かんいかだん)3
第二章 敢為果断(かんいかだん)2
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志