連載
「新 戦国太平記 信玄」
第二章 敢為果断(かんいかだん)19 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

 青木一派と土屋一派の動きを止めるためには相応の支度が必要であり、それなりの時がかかる。
 しかも、信虎の帰還は間近に迫っており、いかなる選択をするにせよ、信方は太原雪斎に子細を伝えなければならない。少なくとも早馬で書状をやり取りする時は必要だった。
 すでに悩んでいられる限度を超えていた。
 そんな時に晴信が訪ねてくる。
「板垣、ちょっとよいか」
「はい、何でござりましょう」
「新府に胡乱(うろん)な気配が充満している。何か、良くないことが起きそうな予感がするのだが」
 晴信の言葉を聞き、信方は観念した。
 ――やはり、若は気づいておられた。これ以上、黙っているわけにはいかぬ。この一命を賭すつもりで、すべてをお伝えしよう。
 そう思い、肚を据えた。
「若、その通りにござりまする。新府に謀叛も同然の動きがあり、おそらく御屋形様の御帰還に合わせて蜂起すると思われまする」
「まことか!?」
 晴信が眼を見開く。
「……そなたはいつからその動きを摑(つか)んでいたのだ?」
「御屋形様が駿府へ参られた直後にござりまする」
「いったい誰が謀叛など起こそうというのか」
「それには少々込み入った事情があり、それをすべて聞いていただかなければなりませぬ」
「板垣、さように悠長なことを申していてよいのか?」
「致し方ありませぬ。これは若にとっても正念場となる大事にござりますゆえ、腰を据えて聞いていただかねばなりませぬ。その上でご判断を仰ぎたいと存じまする」
 いつになく思い詰めた様子の傅役を見て、晴信も事態の重大さを察知した。
「わかった。話を聞きたい」
 晴信も姿勢を正し、信方に向き合った。



 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第三章 出師挫折(すいしざせつ)13
第三章 出師挫折(すいしざせつ)12
第三章 出師挫折(すいしざせつ)11
第三章 出師挫折(すいしざせつ)10
第三章 出師挫折(すいしざせつ)9
第三章 出師挫折(すいしざせつ)8
第三章 出師挫折(すいしざせつ)7
第三章 出師挫折(すいしざせつ)6
第三章 出師挫折(すいしざせつ)5
第三章 出師挫折(すいしざせつ)4
第三章 出師挫折(すいしざせつ)3
第三章 出師挫折(すいしざせつ)2
第三章 出師挫折(すいしざせつ)
第二章 敢為果断(かんいかだん)22
第二章 敢為果断(かんいかだん)21
第二章 敢為果断(かんいかだん)20
第二章 敢為果断(かんいかだん)19
第二章 敢為果断(かんいかだん)18
第二章 敢為果断(かんいかだん)17
第二章 敢為果断(かんいかだん)16
第二章 敢為果断(かんいかだん)15
第二章 敢為果断(かんいかだん)14
第二章 敢為果断(かんいかだん)13
第二章 敢為果断(かんいかだん)12
第二章 敢為果断(かんいかだん)11
第二章 敢為果断(かんいかだん)10
第二章 敢為果断(かんいかだん)9
第二章 敢為果断(かんいかだん)8
第二章 敢為果断(かんいかだん)7
第二章 敢為果断(かんいかだん)6
第二章 敢為果断(かんいかだん)5
第二章 敢為果断(かんいかだん)4
第二章 敢為果断(かんいかだん)3
第二章 敢為果断(かんいかだん)2
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志