連載
「新 戦国太平記 信玄」
第二章 敢為果断(かんいかだん)10 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

 その顔を、昌俊はじっと見つめる。覚悟を決めた同輩の表情を確かめてから、何度か小さく頷いた。
「……そこまで申すならば、これ以上は何も言うまい」
「そなたは、どう思うているのだ、昌俊?」
「何をだ」
「若のことや……」
 信方は意を決して相手の本心を問う。
「……廃嫡を騒ぎ立ててきた者たちのことについてだ。そなたの真意をどうしても聞いておきたい」
「それがしの本音を明かせというならば、晴信様の器量については文句のつけようがないと思うておる。心胆も太く、骨も硬い。御初陣を経て、それは確信となった。されど……」
 昌俊は微かに眉をひそめながら言う。
「少し内向きな御気性のせいか、あるいは御屋形様に萎縮なされてしまうのか、それが周囲に伝わっておらぬ。他人には滅多に御本心を明かすこともなく、己が裡(うち)に秘めてしまうように見受けられ、幼少の頃からさような癖がついておられるのではあるまいか。人の上に立つ者にとって内省というのは常に必要な行為だとは思うが、晴信様の場合はもっと御自分を解き放ってもよいと思うのだ。それがないため、表面(おもてづら)のおとなしさだけを鵜呑(うの)みにして侮る者が出てくるのではないか」
 同輩の冷静な観察に、信方が驚く。
 ――こ奴、それがし以上に、よく若のことが見えているやもしれぬ!?
「信方、そなたは廃嫡を騒ぎ立ててきた者たちと申したが、果たして本気でさようなことを考えている家臣がいるのだろうか」
「……いないとは、断言できまい」
「この身には、御屋形様の不興を利用し、己の保身を謀(はか)ったり、阿(おもね)りを繰り返したりする者がいるだけのように見えるのだがな。もしも、御屋形様が言を翻せば、さような者たちは追従するだけであろう。問題は親子の間にある感情の行き違いにあり、それだけは何人(なんぴと)たりとも立ち入れぬものだ。われらには如何(いかん)ともし難い」
「では訊くが、そなたはなにゆえ御屋形様が若を未だに幼名で呼ばれたり、冷たく突き放されたりするのだと思うか?」
「……それをこの身に問うのか」
「ああ、この際はっきりと、そなたの考えを聞いておきたい」
「まったく、御主の猪突(ちょとつ)には、毎回、呆れるよ……」
 昌俊は困ったように笑ってから、真剣な口調で答える。



 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第三章 出師挫折(すいしざせつ)22
第三章 出師挫折(すいしざせつ)21
第三章 出師挫折(すいしざせつ)20
第三章 出師挫折(すいしざせつ)19
第三章 出師挫折(すいしざせつ)18
第三章 出師挫折(すいしざせつ)17
第三章 出師挫折(すいしざせつ)16
第三章 出師挫折(すいしざせつ)15
第三章 出師挫折(すいしざせつ)14
第三章 出師挫折(すいしざせつ)13
第三章 出師挫折(すいしざせつ)12
第三章 出師挫折(すいしざせつ)11
第三章 出師挫折(すいしざせつ)10
第三章 出師挫折(すいしざせつ)9
第三章 出師挫折(すいしざせつ)8
第三章 出師挫折(すいしざせつ)7
第三章 出師挫折(すいしざせつ)6
第三章 出師挫折(すいしざせつ)5
第三章 出師挫折(すいしざせつ)4
第三章 出師挫折(すいしざせつ)3
第三章 出師挫折(すいしざせつ)2
第三章 出師挫折(すいしざせつ)
第二章 敢為果断(かんいかだん)22
第二章 敢為果断(かんいかだん)21
第二章 敢為果断(かんいかだん)20
第二章 敢為果断(かんいかだん)19
第二章 敢為果断(かんいかだん)18
第二章 敢為果断(かんいかだん)17
第二章 敢為果断(かんいかだん)16
第二章 敢為果断(かんいかだん)15
第二章 敢為果断(かんいかだん)14
第二章 敢為果断(かんいかだん)13
第二章 敢為果断(かんいかだん)12
第二章 敢為果断(かんいかだん)11
第二章 敢為果断(かんいかだん)10
第二章 敢為果断(かんいかだん)9
第二章 敢為果断(かんいかだん)8
第二章 敢為果断(かんいかだん)7
第二章 敢為果断(かんいかだん)6
第二章 敢為果断(かんいかだん)5
第二章 敢為果断(かんいかだん)4
第二章 敢為果断(かんいかだん)3
第二章 敢為果断(かんいかだん)2
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志