連載
「新 戦国太平記 信玄」
第二章 敢為果断(かんいかだん)4 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

「それよりも、若。いきなり侍女たちの接遇役とは聞いておりませぬぞ。若こそ、強引すぎませぬか」
「主のこの身が自ら屋敷を案内して廻るわけにもまいるまい。今から、さような為体では、夫の沽券(こけん)にかかわるではないか」
「ならば、近習の誰かを付けてやればよいではありませぬか」
「近習では臆して相手になるまい。ここは年の功、風格、貫禄を鑑みて、そなたしか適任の者はおらぬのではないか」
「世辞を申されても騙(だま)されませぬぞ。難儀な役目ばかり押しつけて」
「難儀だから、最も信頼できるそなたに頼んでいるのではないか。甲斐や武田家の体面に関わることだからな。礼を失した扱いをすれば、途端に京で悪い評判が立つのではないか」
「まあ、それはそうかもしれませぬが……」
「ともあれ、無事に済んでよかった。初回としては上出来であろう」
 晴信は安堵(あんど)したように息を吐いてから、感慨深げに言葉を続ける。
「されど、思うていたのとは、まったく違ったな」
「何がで、ござりまするか?」
「常磐殿の印象というか、態度というか……」
「いかように予想しておられましたのか」
「公卿の姫の侍女頭といえば、当人も公家の出自で貴人なのであろう。しかも、都から参られると聞き、何というか、もっと高飛車な女人を想像していた。京言葉を使い、平気で人を見下すような」
「なるほど。して、実際にはどのように感じられましたか?」
「真摯(しんし)というか……どこか、健気(けなげ)な感じもした」
「健気、なるほど。常磐殿も事前に武家の言葉遣いなどを学ばれてきたようであり、慶子様が婚儀の前に武門の仕来りや所作などを一生懸命に学ばれているという言葉にほだされましたか」
「まあ、さようなところか」
「ふふ……」
 信方が視線を逸らしながら含み笑いする。
「……まんまと相手の策に嵌まっておりまするな。さようにうぶな考え方では、輿入れ早々から尻に敷かれまするぞ。女人は一緒になる直前まで健気に振舞い、奥方の座についてからは最大の難敵となるものにござりまする。時が経てば、健気の欠片(かけら)も見出せなくなりまする。若はまだ、そこのところがわかっておりませぬな。まあ、こればかりは夫婦(めおと)の機微。岐秀禅師に習うわけにもまいりませぬゆえ、しっかりと経験を積まねば」
 得意げな面持ちとなった傅役を見て、晴信は歯嚙みする。



 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第三章 出師挫折(すいしざせつ)7
第三章 出師挫折(すいしざせつ)6
第三章 出師挫折(すいしざせつ)5
第三章 出師挫折(すいしざせつ)4
第三章 出師挫折(すいしざせつ)3
第三章 出師挫折(すいしざせつ)2
第三章 出師挫折(すいしざせつ)
第二章 敢為果断(かんいかだん)22
第二章 敢為果断(かんいかだん)21
第二章 敢為果断(かんいかだん)20
第二章 敢為果断(かんいかだん)19
第二章 敢為果断(かんいかだん)18
第二章 敢為果断(かんいかだん)17
第二章 敢為果断(かんいかだん)16
第二章 敢為果断(かんいかだん)15
第二章 敢為果断(かんいかだん)14
第二章 敢為果断(かんいかだん)13
第二章 敢為果断(かんいかだん)12
第二章 敢為果断(かんいかだん)11
第二章 敢為果断(かんいかだん)10
第二章 敢為果断(かんいかだん)9
第二章 敢為果断(かんいかだん)8
第二章 敢為果断(かんいかだん)7
第二章 敢為果断(かんいかだん)6
第二章 敢為果断(かんいかだん)5
第二章 敢為果断(かんいかだん)4
第二章 敢為果断(かんいかだん)3
第二章 敢為果断(かんいかだん)2
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志