連載
「新 戦国太平記 信玄」
第一章 初陣立志 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

 ──富田城の周辺には、まだ大井の親族も残っている。もしも、御屋形様が敗れるようなことがあれば、御方様をはじめとして一族は雪崩を打って今川に走るだろう。そうとなれば、生まれてくる御子は、今川の人質も同然の身だ。それを許せぬがゆえに、御方様を自害させよとお命じになられたのだ。
 いずれにしても勝敗によって、それぞれの運命は大きく変わるはずだった。
 そして、ついに戦況が動く。
 今川勢はしばらく富田城に駐留した後、釜無川に沿って北上し、躑躅ヶ崎館の北西を流れる荒川を挟んだ竜地台に陣を置いていた。
 信虎は荒川の飯田河原に布陣し、相手が渡河する時を狙っていた。それだけでなく、地の利を生かして伏兵を置き、今川勢に奇襲を仕掛けるつもりだった。
 十月十六日の払暁、満を持して今川勢が荒川を渡ろうとして動き出す。これに対し、武田勢は対岸で応戦し、陸へ上げまいと押し返す。この時、渡河を敢行した今川勢が五千余であったのに対し、信虎が率いる武田勢は二千弱でしかなかった。
 飯田河原で両軍が戦いを開始したことは、すぐに躑躅ヶ崎館と要害山城に知らされる。
 ──ついに始まってしまったか……。
 信方は充血した眼を見開く。
 ここ数日、報告を待つため、ほとんど寝ていなかったが、心気がささくれだって眠気を感じない。
 早朝から始まった戦いは、意外な展開を見せる。
 信虎は二千弱の兵で今川勢の五千余と果敢に戦った。
 孫子の兵法にもある通り、軍勢が川を挟んで対陣した場合、先に渡河する方が不利となる。待ち受ける方は足場のよい岸辺に陣取り、高所から足場の不安定な水辺へと敵を押し返せばよいからだ。相手が倍の兵力でも、互角以上に戦うことができる。
 しかし、信虎の狙いは、それだけではなかった。
 この戦いで時を稼ぎ、相手を脅かす策を仕掛ける。伏兵となった千二百の兵が、密かに今川勢五千余の背後に廻り込む。
 狙いは、挟撃ではない。手薄になった後方の敵本陣と総大将の首級(しるし)である。
 奇襲隊が今川勢本陣の横腹を突いて攻め入り、瞬く間に総大将の旗本百余名を討ち取る。まったく予期していなかった武田勢の攻撃に、慌てた福島正成は残りの兵を率いて南側へ退却した。
 それを見た奇襲隊はすぐに標的を変え、渡河しようとしている今川勢の背後から挟撃し、「総大将の福島正成を討ち取ったり!」という虚報を触れ回る。それに驚いた今川の兵は渡河を止めて四散し、勝手に富田城へ戻ろうと逃げ出す。
 信虎はここぞとばかりに総攻めの采配を振り、今川勢を追撃して戦果を上げる。寡兵をものともせず、地の利と用兵の妙を駆使した武田勢の圧勝だった。 
 その朗報は午後になって要害山城へも届けられ、信方は思わず胸を撫で下ろす。
 ──すぐに、御方様にも、ご報告せねば。
 勝利の一報を聞き、大井の方も安堵の溜息をついた。



       8  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 次へ
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志