連載
「新 戦国太平記 信玄」
第一章 初陣立志 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

 今川勢は躑躅ヶ崎館への侵攻を断念し、南側を流れる笛吹川(ふえふきがわ)を渡って八代(やつしろ)郡の上曾根(かみそね)まで退き、残った兵の態勢を立て直そうとした。
 敵の動きを見た信虎は対岸で相対し、再び両軍の睨み合いが続く。その間に、暦が十一月へと変わった。
 そして、細く尖った二度目の月を迎えた夜のことである。
 連日の不寝番が続き、不動曲輪で眠気に苛まれていた信方の処へ、蒼白になった侍女の藤乃が駆け込んでくる。
「大変にござりまする」
「……い、いかが致した?」
 信方は落ちかかっていた瞼を開く。
「御方様が……御方様が産気づいておられまする」
「えっ!?」
 もたれていた板壁から背を離し、信方が聞き返す。
「……いま、何と?」
「御方様が産気づいておられまする。陣痛が始まりましたゆえ、御子がお生まれになってしまうやもしれませぬ」
「さようなことを、それがしに言われても……。産婆が同行しておるではないか」
 信方は思わず顔をしかめる。
「その産婆の方が、このままでは大変だと申されておりまする。ここでのご出産は難しい、と。しかも十月十日にはまだ至っておらず、早産となれば御方様と御子の双方にとって危険であるとも申されておりまして」 
 侍女の藤乃は真剣な面持ちで訴える。
「産婆が居りながら、ここで出産ができぬというのは、なにゆえであるか?」
「産湯(うぶゆ)が使えぬからにござりまする」
「それならば、井戸の水があるではないか」
「何を申されまするか!」
 細い眉の両端を吊り上げ、藤乃が強い口調で言う。
「かように寒い時節の井戸から汲んだ水で、生まれたばかりの赤子の軆を洗えば、冷たすぎて息が止まってしまいまする! それゆえ、大変だと申し上げました」
「えっ……あ……ああ、さようか」
 信方は意味もなく立ち上がって頭を掻く。
 ──この身に「火を起こし、湯を沸かせ」と申しておるのか?
 そう思ったが、口にはしなかった。
 藤乃の顔色と剣幕を見れば、そんな悠長なことをしていられないのは明らかだった。
「……それがしは、何をすればよいのか?」
 信方は所在なげに訊く。
 独り身の漢(おとこ)にとって出産はおろか、妊娠についての智識さえない。ここは黙って女人の言うことに従うしかなかった。



        9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 次へ
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志