連載
「新 戦国太平記 信玄」
第一章 初陣立志 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

「湯を沸かす間も惜しいゆえ、いずこから運んでくるか、さもなくば産湯の使える処へ、御方様にお移りいただきとうござりまする。されど、あまり長く輿に揺られますと破水が早まり、御母体に障りまする」
 難題だった。しかも、時刻が深すぎる。
「……産湯か」
 信方は顎をまさぐりながら思案する。
「ならば、積翠寺にお移りいただくのはどうだ?」
「積翠寺?」
「ここへ登る途中に休憩した寺があったであろう。あれが積翠寺だ。あそこならば、近くに涌湯(わきゆ)が出ており、地の者は湯治場として使うておる。寺まで湯を汲んでくれば、井戸の水で熱さの加減も調整できるはずだ」
「それならば、よいかもしれませぬ」
 藤乃は初めて、ほっとした表情になった。
「では、それがしは一足先に積翠寺へ行き、住持に話を通しておく」
「お待ちくださりませ!」
「……な、何であるか」
「ご家臣の方に輿の手配りをお願いいたしまする。それと、念のために、ありったけの白布と館から持ってきた御方様のための御蒲団、桶や盥(たらい)などを荷車に積み、一緒に運んでいただきとうござりまする」
「お、おお……わかった」
「あっ!」
 藤乃は何かを思いついたように小さく声を発する。
「……まだ、何か?」
「この身が御方様のお着替えをまとめますゆえ、それも一緒に。あと、大きめの葛籠(つづら)か、行李(こうり)をいくつか、お願いできませぬか」
「それほどの御衣裳が?」
「いいえ、違いまする! 大きめの葛籠に掛け蒲団を敷き詰めると、ちょうど良い赤子の寝床となりまする。生まれたばかりの子は、大きな蒲団に寝かせると知らぬ間に俯せになってしまうやもしれませぬゆえ、顔だけを出して温かく綿入れでくるみ、大きめの葛籠に寝かせるぐらいがちょうど良うござりまする」
「あ、ああ……。そういうことであったか」
 信方はこの侍女の機転に感心しながら頷く。
「ならば、それがしも支度を手伝い、輿と一緒に積翠寺へ下りることにしよう」
「お寺の受け入れは、大丈夫にござりまするか?」
「それは任せてくれ。住持を叩き起こして事情を吞み込ませるゆえ」
「よろしく、お願いいたしまする」
「では、まず輿の手配りだな」
 信方はすぐに家臣を集めに走る。

 


         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 次へ
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志